ご飯がススム漬物

ご飯がススム漬物

季節にあった漬物のススメ

日本には四季があります。季節それぞれに旬の食材があり、それをつかった漬物を食べると季節を感じることができます。
春は、雪がとけて顔をだす山の恵みである山菜です。わらびやタラの芽などの山菜は、ほろ苦い漬物になり春の香りを感じます。夏は、きゅうりやナスやゴーヤがあります。ゴーヤを砂糖と醤油と酢で漬ければ、夏にピッタリなあっさり浅づけになります。秋は、きのこの季節です。秋の旬といえば松茸が有名ですね。松茸を漬けると少しリッチな気分を味わえることでしょう。冬は、大根やカブです。大根の柚漬けは、さっぱりしていてポリポリの食感がたまりません。 今はスーパーに行けば色々な野菜が旬と関係なく手に入れることができます。しかし、それでは本当に美味しい漬物は食べることができません。せっかく四季のある日本にいて、旬にあった素晴らしい食材があるのならば、その季節にあった最高の材料を使った漬物を食べてみませんか。それが、どんな高価な珍味を食べるよりも幸せなことです。


季節の食材で作る漬物の美味しさ

日本には明瞭な四季があり、旬の食材を用いて漬物を作り、保存食として利用する文化も根付いています。早春の時期には、山野で香り豊かな山菜を収穫して、塩漬けにすることがあります。身近な土手ではカラシナを収穫して浅漬けにすれば、爽やかな風味を存分に楽しめます。
夏の季節には体のほてりを取るために、キュウリやナスの漬物を食べることが多くなります。夏はぬか床の乳酸菌が旺盛に活動する時期でもあり、ぬか漬けの美味しさが特に顕著となります。冷房による体の冷え過ぎを防ぐために、ミョウガやショウガを効かせた漬物を食べて、夏バテを防ぐことも生活の知恵です。
秋の季節は冬ごもりのための準備として、白菜漬けや沢庵漬けを作ることが伝統的です。秋ナスの美味しさも有名ですから、ぬか漬けや辛子漬けなどにして調理することも多くなります。冬野菜は寒さで甘さが増えるのが特徴ですが、漬物にすると余計な水分は抜けて、シンプルな味付けでも十分に美味しくなります。

Favorite

壁紙張替を町田で行う
http://www.sigen-recycle.com/

2016/10/21 更新